税務情報

Tax Information

TAXニュース

TAXニュースでは私どもが日々研究をしております税制改正をはじめとした最新の税金・税務についての情報、また難しい税法の解説など一般の方々に対してできるだけわかりやすいかたちで皆さまにお伝えしていきます。

ロータリークラブの会費、 経費になるの?

税務上の取扱は?

ロータリークラブの入会金や会費は、個人事業者と法人とでは、税務上どのように扱われるのでしょうか。

個人事業者の場合

 ロータリークラブの会費等は、必要経費と認めることはできない、とした裁決事例があります(平成17年4月26日)。審判所は「必要経費に算入されるのは、それが事業活動と直接の関連を有し、当該業務の遂行上必要なものに限られると解するのが相当であり」、「家事費との識別が必要であり」、「私的な活動に過ぎない」から「直接費用であると解することはできない」と判断しています。

法人の場合

 法人の場合には、ロータリークラブの会費等について、原則として「損金」処理されます。法人における損金は、事業活動における原価・費用・損失を含む広い概念として捉えられ、所得税法とはその損金性の判断基準が異なっているといえます。
(法人税法基本通達ではロータリークラブに対する入会金又は会費を負担した場合には交際費とする、としています。)

家事関連費との関係

 個人事業者の業務において、交際費や水道光熱費など「家事上」と「業務上」の両方に関わりがある費用(家事関連費)があり、所得税法では以下の場合に家事関連費から除く、としています。それは、個人事業者の必要経費に算入される場合とは、業務の遂行上必要でその部分を明らかに区分できる場合、又は直接必要であったことが明らかにされる場合です。
 この平成17年の裁決事例において、家事関連費としたロータリークラブの会費等について「事業の遂行上直接必要な程度を具体的に明らかにする」ことができないことを理由に必要経費と認めることはできない、としています。

LIST