税務情報

Tax Information

コラム

コラムでは節約などの税金の範囲にとどまらず会計や経営、経済など経営者や地主の方々にお役に立つ情報から身近な話題まで、世の中の気になるニュース、注目すべきニュースを掲載していきます。

「不快指数」のお話

本格的に梅雨に入り、これから蒸し暑く、過ごしにくい日が続くと思います。

日本人の場合は、不快指数85で約9割の人が蒸し暑さのため、不快感を感じるとされています。

では、不快指数とは、一体何なのでしょうか?
気象庁の予報用語によると、不快指数とは「気温と湿度による「むし暑さ」の指数」のことです。不快指数が高いほど蒸し暑く、不快に感じるということになります。
不快指数の気温と湿度が分かれば、自分で計算することができます。

不快指数 = 0.81×気温 + 0.01×湿度(%) (0.99×気温 – 14.3) + 46.3
例えば、気温26度で、湿度50%の場合・・・

0.81×26+0.01×50(0.99×26-14.3)+46.3
=21.06+0.5(11.44)+46.3
=21.06+5.72+46.3
=73.08

となり、下表の60~75の「快適」ということになります。

不快指数 ~55 55~60 60~75 75~80 80~85 85~
体感 寒い 肌寒い 快適 やや暑い 暑くて汗が出る 暑くてたまらない

これからの季節、エアコンを使用する頻度が多くなってくると思いますが、一般的に、省エネな冷房温度の目安は、28℃と言われています。しかし、気温28℃では湿度を50%まで下げても、不快指数75~80の「やや暑い」となります。

不快指数は温度と湿度のみで割り出した指標であり、「風」の要素は計算に入っていません。一般的に、人は風がある状態と無い状態では、体感温度が2度くらい違うといわれていますので、エアコンと一緒に扇風機や団扇を上手に使い、蒸し暑い季節もエコに乗り切れるといいですね。

担当 藤原

LIST