税務情報

Tax Information

コラム

コラムでは節約などの税金の範囲にとどまらず会計や経営、経済など経営者や地主の方々にお役に立つ情報から身近な話題まで、世の中の気になるニュース、注目すべきニュースを掲載していきます。

印鑑証明書の有効期限について

相続があると、土地の名義変更や預貯金の名義変更をすることになります。まず、遺産分割協議書の作成が必要となります。遺産分割協議書には、相続人の実印を押印します。

実印とは市区町村の役所に印鑑届けのある印鑑のことですが、この届けを証明するものが印鑑証明書です。よく印鑑証明書の有効期限が問題になるのですが、相続の場合には、被相続人が亡くなられた後に発行されたものであれば、有効期限は関係ありません。

相続手続きのほかにも、印鑑証明書が必要となる場合は、

  • 所有権移転や所有権抹消などの登記申請をする場合
  • 融資を受けその不動産に抵当権の設定登記を申請する場合
  • 土地の合筆や建物の合併登記を申請する場合

などがあります。

これらの手続きを行う場合は、登記申請をする時点で発行から3ヶ月以内の印鑑証明書が必要です。これは、長期間経過すると意思が変わってしまうかも知れないことや、長期間経過していると取引の事実が実際にあったものなのか、不確実性が伴うとされているためです。

相続手続きの場合は、遺産分割協議書が成立したことを証明できればよいので、有効期限3ヶ月以内という制約はありません。

担当 藤原

LIST