税務情報

Tax Information

TAXニュース

TAXニュースでは私どもが日々研究をしております税制改正をはじめとした最新の税金・税務についての情報、また難しい税法の解説など一般の方々に対してできるだけわかりやすいかたちで皆さまにお伝えしていきます。

10万円超でなくても控除OK!~医療費控除

10万円超でなくても控除OK!~医療費控除

今年もあと残り4ヶ月となりました。

お手元に医療費のレシート、だいぶたまってきたのではないでしょうか。でも、レシートの合計が10万円を超えないと医療費控除って受けられないのよねと思っていらっしゃる方、あきらめるのは早いかもしれませんよ!

所得金額が200万円未満の方は、その年中に支払った医療費が所得金額の5%を超えていれば医療費控除が受けられます。
  • つまり医療費控除額は、
  • 所得金額200万円以上の方
  • その年中に支払った医療費-保険金などで補てんされる金額-10万円
  • 所得金額200万円未満の方
  • その年中に支払った医療費-保険金などで補てんされる金額-所得金額の5%
  • と計算します。

ですので、例えばご主人の所得金額が200万円以上で医療費控除が受けられなくても、所得金額が200万円未満で源泉徴収税額がある奥様が確定申告をすれば、医療費控除が受けられることになります。

ちなみに,年収=所得ではありません。年収から一定額を差し引いた金額が所得となります。

年末に会社からもらえる「給与所得の源泉徴収票」の中では「給与所得控除後の金額」という欄が所得金額に該当します。

支払った医療費 9万円
奥様の源泉徴収票 支払金額 150万円
給与所得控除後の金額 85万円(=所得金額)
所得控除の額の合計額 38万円
源泉徴収税額 23,500円

とすると医療費控除額は、9万円-85万円×5%=47,500円となり、奥様の所得税還付額は2,400円、住民税減少額は4,800円となります。

担当 栢沼

LIST